8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

まず大前提として「転学部・転学科」という制度は、大学ごとにルールが異なるため一概に断ずることはできません。


そのうえで一般的に転学部・転学科を設けている大学では1年生から2年生に進級するタイミング。また遅くとも2年生から3年生への進級時に行われます。


しかし、なかには「今現在学部3年生で転学部・転学科がしたい」と考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。そういう場合、どういった選択をすることになるのでしょうか。



4年次への転学部・転学科は不可能


ほとんどの人はご存知だと思いますが、3年生から4年次への転学部・転学科はまず不可能です。


そもそも制度として4年次への転学部・転学科を認めていない大学がほとんどでしょう。また仮にできたとしても単位などの関係でほぼ確実に留年が必要になるのであまり意味がありません。


ですので、この選択は実現不可能だと思っておいた方がよいでしょう。 



理想は同学年(3年次)への移転


となると、やはり現実的に考えた場合、理想は同学年(3年次)への転学部・転学科だと言えます。


もちろん、3年生から3年生への移動になるので実質的に留年する形になりますが、移動後にストレートで卒業できるギリギリの学年が3年次だと思います。


私自身のごく個人的な体験から言えば、3年次で転学部・転学科をした場合、以前の学部学科で取得した単位をある程度認定してもらったうえで卒業に必要な期間としてはギリギリでした。


これまでと違う分野というハンデもさることながら時間的な制約が大きいです。


また、受け入れ先の学部で単位を取得する際、本来であれば1年生・2年生で取るべき必修科目の時間が被ってしまい来期に繰り越さざるを得なかったり、カリキュラムによっては4年生の後期になっても必修科目を履修しなければならない、という状況もあり得ます。


また、例えば「実習A⇒実習B⇒実習C」というような順番に履修しなくてはならない必修科目があった場合、同時期に履修することができないので最低でも3期分(1年半)の時間を要します。どこかで2回落とせばその時点で留年が決まるのです。


こういった事情を考慮した結果、やはり3年生から3年生への転学部・転学科が移動後にストレートで卒業できるギリギリの学年だと言えるでしょう。


ですので、転学部・転学科を検討する際には「希望の学部・学科のカリキュラムは3年次からの2年間で卒業できるのか?」ということを念頭に置き、移動後の履修スケジュールを多少なりとも思い描いておくことをおすすめします。